TOPICS

2018年

12月27日

東京大学などとの共同研究論文"The population‐neuroscience study of the Tokyo TEEN Cohort (pn‐TTC): a cohort longitudinal study to explore the neurobiological substrates of adolescent psychological and behavioral development"がPsychiatry and clinical neurosciences誌に受理されました。

12月15日

三重県で開催された西日本医学生学術フォーラム2018にて、医学科学生の藤井綾香さんと緒方啓仁さんが研究発表を行いました。

12月14日
熊大研究フェアが開催されました。岩本がみらい研究推進事業について講演しました。

12月6日

埼玉医科大学ゲノム医学研究センター・仲地ゆたか先生による分子脳科学セミナー「性別違和(性同一性障害)関連遺伝子の探索」が開催されました。

11月30日

​横浜で開催された第41回日本分子生物学会にて文東先生が講演しました。

11月17日

健康長寿代謝制御研究センター市民公開講座が開催されました。

10月27日

​名城大学で開催された第34回日本ストレス学会にて、村田唯さんが講演しました。

10月19日

神戸で開催された第37回躁うつ病の薬理・生化学研究懇話会にて、黒木遼太さん、松原ひかりさん、藤井綾香さん、緒方啓仁さんが研究発表を行いました。

10月11日

​横浜で開催された第63回人類遺伝学会大会にて岩本が講演しました。

9月7日

神戸で開催されたWFSBP2018 KOBEにて、村田唯さん、松原ひかりさんが研究発表を行いました。

9月6日 

第40回日本生物学的精神医学会において、村田唯さんが第7回若手研究者育成プログラム奨励賞を受賞、受賞者口演を行いました。

9月6日 

神戸で開催された第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会合同年会において、文東先生、村田唯さん、黒木遼太さんが研究発表を行いました。

9月5日 

新学術領域「マルチスケール精神病態の構成的理解」キックオフシンポジウムがTKP神戸三宮カンファレンスセンターで開催されました。

7月26

文東先生が、神戸で開催された日本神経科学会大会で研究発表を行いました。

7月25日 

岩本が京都で開催されたInternational symposium: Toward Understanding “INDIVIDUALITY“で講演しました。

7月17日 

基礎演習学生の研究発表会、お疲れ様会が開催されました。

7月15日

中国山東大学より医学生が基礎演習生として短期滞在しています。

7月13日 

Dr. Alexej Abyzov(Center for Individualized Medicine, Mayo Clinic)によるMol.brain seminar "Somatic mosaicism in brain and other tissues"が開催されました。

6月16日 

文東先生が、ウイーンで開催された第31回CINP(国際神経精神薬理学会議)において研究発表を行いました。

5月26日

​英文総説「Somatic mutations in the human brain: implications for psychiatric research」がMolecular Psychiatry 誌に受理されました。

5月19日 

平成31年度大学院医学教育部(修士・博士)入試説明会が開催されました。

5月7日

​基礎演習学生(医学部3年生)が配属されました。およそ3か月間、研究室生活を体験します。

​5月2日

健康長寿代謝制御研究センターキックオフシンポジウムが開催されました。

5月1日

生命科学研究部付属健康長寿代謝制御研究センターが発足しました。当分野は神経・感覚・運動器部門に参画しています。

4月26日
堀啓先生(国立精神神経医療研究センター神経研究所・病態生化学研究部・室長)によるMol Brainセミナー「精神疾患の病態解明に向けたAUTS2遺伝子の生理機能解析」が開催されました。

4月25日 

星野幹雄先生(国立精神神経医療研究センター神経研究所・病態生化学研究部・部長)による名医に学ぶセミナー「小脳をモデル系とした神経細胞の発生の研究」​が開催されました。

4月13日

理化学研究所脳神経科学研究センターにて岩本が講演しました。

4月1日

メンバーを更新しました。大学院博士課程(社会人)川野美智代先生、修士課程黒木遼太さん、技術補佐員内布恵美さんが当分野に参加されました。​

3月31日

​池亀天平さんが博士課程(東京大学医学系研究科)を修了しました。

3月28日

日本解剖学会年会にて文東美紀先生が研究発表を行いました。

3月21日

原著論文「Identification of somatic mutations in monozygotic twins discordant for psychiatric disorders」がnpj Schizophrenia誌に受理されました。

3月1日

邦文総説「統合失調症とエピジェネティクス」が精神科(科学評論社)に掲載されました。

3月1日
共同研究論文「
DNA methylation of ANKK1 and response to aripiprazole in patients with acute schizophrenia: A preliminary study」がJournal of Psychiatric Research誌に受理されました。

2月7日

原著論文「DNA methylation analyses of the candidate genes identified by a methylome-wide association study revealed common epigenetic alterations in schizophrenia and bipolar disorder」がPsychiatry and clinical neurosciences誌に受理されました。

2月7日

邦文総説「うつ病」「精神疾患におけるエピゲノム研究」がCLINICAL NEUROSCIENCE(中外医薬社)に掲載されました。

1月31日

九州大学大学院医学研究院・中島欽一先生による生命科学セミナー、「Epigenetic regulation of neural stem cell differentiation and neuronal functions」が開催されました。

1月20日

原著論文「DNA methylation profiling in a neuroblastoma cell line exposed to the antipsychotic perospirone」がPharmacopsychiatry誌に受理されました。

1月6日

共同研究論文「An epigenome-wide methylation study of healthy individuals with or without depressive symptoms」がJournal of human genetics誌に受理されました。

2017年

12月22日

原著論文「Identification of somatic mutations in postmortem human brains by whole genome sequencing and their implications for psychiatric disorders」がPsychiatry and clinical neurosciences誌に受理されました。

12月13日

共同研究論文「Mutations of the Glycine Cleavage System Genes Possibly Affect the Negative Symptoms of Schizophrenia through Metabolomic Profile Changes」がPsychiatry and clinical neurosciences誌に受理されました。

11月2日

村田唯さんが肥後医育振興会医学研究助成金(研究奨励賞)を受賞しました。​

10月6日

原著論文「DNA methylation and hydroxymethylation analyses of the active LINE-1 subfamilies in mice」がScientific Reports誌に受理されました。

10月5日

熊本大学生命科学系第二回研究交流会が開催されました。当分野からは博士研究員の村田唯さんが発表しました。

9月13日

岩本が「The 72nd Fujihara Seminar International Symposium on Molecular Mechanism of Molding and Disruption of the Epigenomes Underlying Cellular Community」で講演しました​。

9月11日

英文プロトコール「Estimation of LINE-1 copy number in the brain tissue and isolated neuronal nuclei」がNeuromethods (Springer)に掲載されました。

​9月5日

共同研究論文「Polyunsaturated fatty acid deficiency during neurodevelopment in mice models the prodromal state of schizophrenia through epigenetic changes in nuclear receptor genes」がTranslational Psychiatry誌に掲載されました。

8月28日

吉備国際大学医療保健福祉学部 森信繁先生による分子脳科学特別セミナー(神経精神科との共催)「抗うつ薬抵抗性うつ病の治療からみたうつ病難治化の多様なメカニズム」が開催されました。

7月20~23日

​文東先生と村田唯さんが日本神経科学会で研究発表を行いました。

6月22日~24日

岩本が名古屋国際会議場で開催された第113回日本精神神経学会学術総会において講演しました。

6月1日

澤村理英さんが当分野助教に就任されました。

​5月31日

東北大学大学院医学系研究科災害科学国際研究所 富田博秋先生によるセミナー「東日本大震災とメンタルヘルスの諸問題~基礎医学は如何に被災コミュニティに貢献し得るか~」が開催されました。

5月22日~23日

岩本と松原ひかりさん(医学部2年生)が第11回エピジェネティクス研究会で研究発表を行いました。

4月29日

文東先生がKarolinska研究所で開催されたMore epigenetics in Clinical Medicineで講演しました。

4月19日

​理化学研究所脳科学総合研究センター精神疾患動態研究チーム 加藤忠史先生によるセミナー「双極性障害の原因解明へのアプローチ」が開催されました。

4月1日

村田唯さんが博士研究員として当分野に参加されました​。

3月31日

渡邊理紗さんが修士課程、村田唯さんが博士課程を修了しました。

3月29日

文東先生が熊本大学女性研究者賞表彰を受賞しました。

3月13日

平成28年度 プレ柴三郎研究発表会において当分野からの松原ひかりさん(医学部1年生)がS-R1グランプリ(最優秀賞)を受賞しました。​

3月7日

第7回鶴友エビリファイフォーラム(名古屋大学)にて岩本が講演しました。​

3月1日

​澤村理英さんが当分野に参加されました。​

2月22日

原著論文 "Use of human methylation arrays for epigenome research in the common marmoset (Callithrix jacchus)"がNeuroscience Research誌に受理されました。

2016年

12月15日

次世代脳プロジェクト、新学術領域研究 「適応回路シフト」「記憶ダイナミズム」「マイクロ精神病態」三領域合同若手シンポジウムにて村田唯さんが講演しました。

12月15日

大阪大学蛋白研セミナー「生命システムを支配するエピジェネティクス」にて岩本が講演しました。

12月4日

2016 Japan-Myanmar Symposium​にて渡邊理紗さんが発表しました。

12月2日

第35回日本認知症学会学術集会シンポジウムにて岩本が講演しました。

11月25日

​熊本大学生命科学研究部(基礎系)&IRCMS若手合同セミナーが開催されました。

11月18日

第26回日本臨床精神神経薬理学会​シンポジウムにて岩本が講演しました。

10月19日

​札幌医科大学神経精神医学教室セミナーにて岩本、文東先生、池亀天平さんが発表を行いました。

10月7日

第1回熊本大学学内研究交流会が黒髪キャンパスにて開催されました。

9月16日

文東美紀先生がさきがけ「統合1細胞解析のための革新的技術基盤」研究者に採択されました。

9月12日

理化学研究所脳科学総合研究センター笠原和起先生、窪田美恵先生を講師としてお迎えし、分子脳科学特別セミナーを開催しました。

9月8-10日

第38回日本生物学的精神医学会 ・ 第59回日本神経化学会大会にて文東先生、村田唯さん、池亀天平さん、菅原裕子さんが研究発表を行いました。

9月5-6日

国立遺伝学研究所研究会「転移因子と宿主の相互作用による生命機能と進化」にて文東先生が研究発表を行いました。

​9月1日

新学術領域研究「脳・生活・人生の統合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学」がスタートしました。文東美紀先生がD01領域「思春期からの主体価値の発展過程解明」の分担研究者として、岩本が連携研究者として参画しています。

8月5-6日

第13回日本うつ病学会総会がウインク愛知で開催されました。菅原裕子さんが研究発表を行いました。

8月1日

清田恵美さん(技術補佐員)が当分野に参加しました。

7月20-22日

第39回神経科学大会で文東先生と西岡将基さんが研究発表を行いました。

7月19日

新学術領域マイクロ精神病態主宰国際シンポジウムが開催されました。

7月13日

西岡将基さん執筆の邦文総説「次世代シークエンサーを用いた脳ゲノム解析」が分子精神医学誌に掲載されました。

7月11日

渡邉理紗さん(M2)が当分野に参加しました。

​7月2-5日

第46回日本神経精神薬理学会年会CINP2016がソウルで連続開催されました。村田唯さん、渡邊理紗さん、池亀天平さん、菅原裕子さんが研究発表を、岩本が学術奨励賞受賞講演を行いました。村田唯さんがJSNP年会賞を、渡邊理紗さん、池亀天平さん、菅原裕子さんがJSNP-CINP賞を受賞しました。

7月2日

岩本が日本神経精神薬理学会第5回学術奨励賞を受賞しました。

6月29日

​国立遺伝学研究所研究会「ゲノム医科学とバイオインフォマティクスの接点と集学研究」にて岩本が講演を行いました。

6月15日

村田唯さん執筆の邦文総説「統合失調症におけるエピゲノム異常~患者由来脳組織および末梢組織を用いた最新研究」が実験医学増刊「エピゲノム研究」に掲載されました。

6月9日

教授就任講演会が開かれました。

6月2日

分子脳科学分野キックオフパーティーを開催しました。

5月24日

医学部基礎演習学生が当分野滞在中です。

5月19-20日

千里ライフサイエンスセンター(大阪)にてエピジェネティクス研究会年会が開催されました。村田唯さん、池亀天平さん、渡邊理紗さん、上田順子さんが研究発表を行いました。

5月14日

平成29年度  熊本大学大学院医学教育部 修士・博士課程入試説明会が開かれました。詳しくはこちら

5月14日

熊本大学大学院医学教育部「柴三郎Jr.の発掘プログラム」からの学生受け入れを開始しました。

4月1日

文東美紀先生が当分野准教授に着任しました。村田唯さんが研究指導委託生として当分野に参加しました。

3月25-26日

群馬で開かれた第11回統合失調症学会にて、西岡将基さん、渡邊理紗さん、池亀天平さんが研究発表を行いました。池亀天平さんが日本統合失調症学会一般演題賞を受賞しました。

3月24日

旧分子精神医学講座大学院生の西岡将基さんが学位を取得しました。西岡将基さんは4月より東京大学学生ネットワーク本部精神保健支援室助教に着任されます。

3月22-23日

札幌で開かれた第93回日本生理学会大会シンポジウム「精神・神経変性疾患の分子機構に関する最近の話題」にて岩本が講演しました。

3月4日

理化学研究所IMSセミナー(横浜)にて岩本が講演しました。

3月2-3日

新学術領域喜田班若手合宿が理化学研究所脳科学総合研究センターにて開催されました。渡邊理紗さん、村田唯さん、池亀天平さんが研究発表を行いました。

2月29日

熊本大学神経精神医学分野で岩本がセミナーを行いました。

2月20日

池亀天平さんがセロトニン研究会で研究発表を行いました。

2月15-16日

International Symposium for RIKEN Epigenetics Program 2016にて岩本が講演しました。村田唯さん、渡邊理紗さんがポスター発表を行いました。

2月15日

松本幸子さん(事務補佐員)が当分野に参加されました。

2月1日

分子脳科学分野が新設されました。岩本和也が着任しました。