Activity

​当講座では大学・研究分野・所属を問わず、一緒に研究を志すメンバーを募集しています。研究室見学も随時受け付けていますので、ご興味のある方はお問い合わせ下さい。

Lab Activity (open to the students and researchers)

IMG_0799_edited.jpg
IMG_1162.jpg

Journal Club (論文紹介セミナー)
大学学部・大学院生・研究者向けです。精神医学、神経科学、ゲノム医科学など関連分野の原著論文の紹介と議論を行います。

*現在、zoomでのオンライン開催のみとなっています
 

Mol brainセミナー​
国内外の研究者を迎えてのセミナーです。不定期開催。過去の講演はこちら

 

精神医学研究に触れる会メーリングリスト
熊本大学神経精神医学講座と運営しています。主に学部生向けにセミナーや研究会の情報などを紹介します。希望者はどなたでも参加可能です。

bioinformatics研究会
​主に大学院生・研究者向けです。バイオインフォマティクスの理論と実践を一緒に勉強します。 

*現在、zoomでのオンライン開催のみとなっています

Join us

lab2_edited.jpg
IMG_1448_edited.jpg
IMG_3005.JPG

研究員
不定期に募集しています。当講座の主要な研究プロジェクトを担って頂くと共に自由な発想に基づく研究を推進して頂きます。当講座のスタッフがキャリア形成を全面的に支援します。
 

大学院生(博士課程)
​熊本大学では、ほとんどの講義はe-learning化されており、社会人学生としても無理なく単位の取得が可能です。また、研究達成状況に応じ在籍期間を短縮できる制度があります。当講座ではbioinformaticsの研究テーマで在宅で研究を推進することも可能です。他大学・他学部大学院生の受け入れや委託指導も行っています。

大学院生(修士課程)
出身大学や分野を問わず研究実施のために必要な基礎教育・研究環境を提供します。熊本大学では、研究達成状況に応じて博士課程進学時の卒業を短縮できる制度があります。

学部生
夕方・夜間、週末や休日、長期休暇を利用し、研究室での活動に参加することができます(ただし、講義の受講や定期試験、実習など本来の学業を最優先とします)。多くの学生が素晴らしい研究業績を挙げています。柴三郎プログラム制度を利用し、大学院講義単位の先取や学会活動への補助などを受けることができます。他大学・他学部生の短期・長期の受け入れや委託指導も行っています。

​中学・高校生

​研究室見学を随時行っています。研究現場の最前線を覗いて見ませんか。スタッフの派遣や講義も可能ですのでご相談下さい。熊本県内の高校生は柴三郎Jr制度を利用し、週末や夏季休暇などで当講座で研究活動を行うことができます。

 大学院入試日程 

  修士課程推薦入試 出願 6/9 ~ 6/15  試験日 7/3
  修士課程第一期  出願 7/8 ~ 7/14  試験日 8/3

  修士課程第二期  出願 12/9 ~ 12/16 試験日 1/28 

  修士課程第三期(社会人)出願 R4. 2/16 ~ 2/21 試験日 3/7

  博士課程第一期  出願 7/8 ~ 7/14 試験日 8/3

  博士課程10月入学 出願 7/8 ~ 7/14 試験日 8/3

  博士課程第二期  出願 12/9 ~ 12/16 試験日 1/28 

  博士課程第三期  出願 R4. 2/16 ~ 2/21 試験日 3/7

​  (最新情報は、こちらでご確認下さい)

一般向け研究紹介

  • 双極性障害と統合失調症をエピジェネティクスで明らかにする (熊大通信vol74 2019年  web link

  • ​熊本大学より(日本神経科学会ニュース、2019, No3 p32-33  pdf

  • 脳ゲノム解析による精神疾患研究(新学術領域ニュースレター「精神疾患研究の今」2019  pdf

中高生向け

  • 「動く遺伝子」は脳の病気にどう関与?―脳細胞を一つ一つ解析
    (若手研究が世界を変える!、内閣府/総合科学技術・イノベーション会議 2020 
     web link 

Achievements (by Undergraduate students)

 当講座で高校生が実施した研究テーマ(柴三郎Jr) 

 「昆虫視細胞の構造形態観察」(宇土高校科学部) pdf 

 当講座で学部学生が実施した研究テーマ 

 「精神疾患患者死後脳におけるRRBS法による網羅的DNAメチル化解析」

 「抗精神病薬投与小型霊長類モデルを用いた統合失調症関連遺伝子のDNAメチル化の検討」
 「poly(I:C)投与マーモセットにおける統合失調症バイオマーカー候補遺伝子のDNAメチル化解析」

 「母体​インフルエンザウイルス感染モデルの脳内トランスクリプトームの解析」

 「母体​インフルエンザウイルス感染モデルの脳内DNAメチル化状態の解析」

 「社会敗北ストレスマウスにおける転移因子の発現量測定」

 「ロングリードシークエンシングデータを用いた転移因子キメラトランスクリプトの検出」

​ 「神経細胞核のトランスクリプトーム解析」

 「精神疾患患者死後脳と抗精神病薬のepigenetic ageへの効果の検討」

 「初発統合失調症患者のepigenetic ageの検討」
 「アルツハイマー病患者死後脳でのepigenetic ageの検討」

 「ケタミン投与マーモセットモデルにおけるビーズアレイを用いた網羅的DNAメチル化解析」

 「性差に関連する遺伝子発現解析」

​ 「ターナー症候群患者のエクソーム解析」

 「全ゲノムバイサルファイトシークエンシング解析データを用いた性差の解析」

 「高齢者コホート検体におけるセロトニントランスポーターのDNAメチル化解析」

 「高齢者コホート検体と思春期コホートにおけるセロトニントランスポーター5-HTTLPRとMRI脳画像との関連解析」

​ 「コホート研究における唾液試料の有用性の検討」

 論文発表 

  1. Kuroki R†, Murata Y†, Fuke S, Nakachi Y, Nakashima J, Kujoth GC, Prolla TA, Bundo M, Kato T, Iwamoto K.
    Establishment of qPCR assays for active LINE-1 subfamilies in mice and application to the analysis of aging-associated retrotransposition.
    Frontiers in Genetics, 11:519206, 2020

  2. Murata Y†, Fujii A†, Kanata S, Fujikawa S, Ikegame T, Nakachi Y, Kasai K, Bundo M*, IwamotoK*
    Evaluation of the usefulness of saliva for DNA methylation analysis in the cohort study.
    Neuropsychopharmacology reports 39:301-305, 2019

  3. Sugawara H, Murata Y, Ikegame T, Sawamura R, Shimanaga S, Takeoka Y, Saito T, Ikeda M, Yoshikawa A, Nishimura F, Kawamura Y, Kakiuchi C, Sasaki T, Iwata N, Hashimoto M, Kasai K, Kato T, Bundo M*, Iwamoto K*.
    DNA methylation analyses of the candidate genes identified by a methylome-wide association study revealed common epigenetic alterations in schizophrenia and bipolar disorder.
    Psychiatry and Clinical Neurosciences, 72:245-254, 2018

 邦文 

  1. 松原ひかり、村田唯、文東美紀、岩本和也
    統合失調症と妊娠期ウイルス感染
    精神科治療学(星和書店、2019, 34:1013-1015)

 学会等での成果発表 

  1. 吉川慧 第42回日本生物学的精神医学会・第4回日本精神薬学会合同年会(NPBPPP2020、2020年8月21~23日、Web開催)

  2. 藤井綾香 第42回日本分子生物学会年会(2019年12月3日~6日、福岡国際会議場、福岡)

  3. 緒方啓仁、藤井綾香 第42回日本分子生物学会年会(2019年12月3日~6日、福岡国際会議場、福岡)

  4. 松原ひかり 第42回日本分子生物学会年会(2019年12月3日~6日、福岡国際会議場、福岡)

  5. 松原ひかり 第38回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会(2019年11月22日~23日、熱海、静岡県)

  6. 松原ひかり 第41回日本生物学的精神医学会(2019年6月22~23日、朱鷺メッセ、新潟)

  7. 藤井綾香 第41回日本生物学的精神医学会(2019年6月22~23日、朱鷺メッセ、新潟)

  8. 松原ひかり 第40回生物学的精神医学会(2018年9月6日~8日、神戸国際会議場、兵庫)

  9. 藤井綾香 第40回生物学的精神医学会(2018年9月6日~8日、神戸国際会議場、兵庫)

  10. 緒方啓仁 藤井綾香 第37回躁うつ病の薬理・生化学研究懇話会(2018年10月19日~20日、兵衛向用閣、兵庫)

  11. 松原ひかり 第37回躁うつ病の薬理・生化学研究懇話会(2018年10月19日~20日、兵衛向用閣、兵庫)

  12. 藤井綾香 第37回躁うつ病の薬理・生化学研究懇話会(2018年10月19日~20日、兵衛向用閣、兵庫)

  13. 川崎瞳、長岡紗由 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会(2017年9月28日~30日、札幌コンベンションセンター、北海道)

  14. 松原ひかり 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会(2017年9月28日~30日、札幌コンベンションセンター、北海道)

  15. 松原ひかり 第11回エピジェネティクス研究会(2017年5月22~23日、一橋講堂学術総合センター、東京)
     

 国際学会での成果発表 

  1. Fujii A, CINP2021 (the 32nd CINP World Congress, 26-28 February, 2021, Web meeting)

  2. Matsubara H, WFSBP 2018 (7-9 September 2018, Kobe, Japan)
     

 その他の発表 

  1. 柳田悠太朗、令和2年プレ柴三郎研究発表会(2021年3月26日、熊本大学医学部教育研究棟)

  2. 藤井綾香、平成30年度プレ柴三郎研究発表会(2019年3月28日、熊本大学臨床医学教育研究センター)

  3. 藤井綾香、西日本医学生学術フォーラム2018(2018年12月15日、三重県医師会館、三重)

  4. 緒方啓仁、藤井綾香、西日本医学生学術フォーラム2018(2018年12月15日、三重県医師会館、三重)

  5. 松原ひかり、平成28年度プレ柴三郎研究発表会(2017年3月13日、熊本大学臨床医学教育研究センター)

 受賞(学部生) ​

  1. 柳田悠太朗、グッドプレゼンテーション賞(2021年3月26日、令和2年度プレ柴三郎研究発表会、熊本大学医学教育図書棟)

  2. 藤井綾香、優秀賞(2019年3月28日、平成30年度プレ柴三郎研究発表会、熊本大学臨床医学教育研究センター)

  3. 松原ひかり、S-R1グランプリ(最優秀賞)(2017年3月13日、平成28年度プレ柴三郎研究発表会、熊本大学臨床医学教育研究センター)