研究業績 (2016年2月~) 


旧分子精神医学講座の業績紹介ページはこちら

原著論文

  1. Zhao Z, Jinde S*, Koike S, Tada M, Satomura Y, Yoshikawa A, Nishimura Y, Takizawa R, Kinoshita A, Sakakibara E, Sakurada H, Yamagishi M, Nishimura F, Inai A, Nishioka M, Eriguchi Y, Araki T, Takaya A, Kan C, Umeda M, Shimazu A, Hashimoto H, Bundo M, Iwamoto K, Kakiuchi C, Kasai K. Altered expression of microRNA-223 in the plasma of patients with first-episode schizophrenia and its possible relation to neuronal migration-related genes.
    Translational Psychiatry, 9:289, 2019.

  2. Ide M†, Ohnishi T†, Toyoshima M, Balan S, Maekawa M, Shimamoto-Mitsuyama C, Iwayama Y, Ohba H, Watanabe A, Ishii T, Shibuya N, Kimura Y, Hisano Y, Murata Y, Hara T, Morikawa M, Hashimoto K, Nozaki Y, Toyota T, Wada Y, Tanaka Y, Kato T, Nishi A, Fujisawa S, Okano H, Itokawa M, Hirokawa N, Kunii Y, Kakita A, Yabe H, Iwamoto K, Meno K, Katagiri T, Dean B, Uchida K, Kimura H, Yoshikawa T*. Excess hydrogen sulfide and polysulfides production underlies a schizophrenia pathophysiology.
    EMBO Molecular Medicine, e10695, 2019.

  3. Murata Y†, Fujii A†, Kanata S, Fujikawa S, Ikegame T, Nakachi Y, Zhao Z, Jinde S, Kasai K, Bundo M*, Iwamoto K*. Evaluation of the usefulness of saliva for DNA methylation analysis in cohort studies.
    Neuropsychopharmacology Reports, in press

  4. Okada N, Ando S, Sanada M, Hirata‐Mogi S, Iijima Y,  Sugiyama H, Shirakawa T, Yamagishi M, Kanehara A, Morita M, Yagi T, Hayashi N, Koshiyama D, Morita K, Sawada K, Ikegame T, Sugimoto N, Toriyama R, Masaoka M, Fujikawa S, Kanata S, Tada M, Kirihara K, Yahata N, Araki T, Jinde S, Kano Y, Koike S, Endo K, Yamasaki S, Nishida A, Hiraiwa‐Hasegawa M, Bundo M, Iwamoto K, Tanaka SC, Kasai K*. The population‐neuroscience study of the Tokyo TEEN Cohort (pn‐TTC): a cohort longitudinal study to explore the neurobiological substrates of adolescent psychological and behavioral development.
    Psychiatry and Clinical Neurosciences, 73:231-242, 2019

  5. Murata Y, Bundo M*, Sunaga F, Kasai K, Iwamoto K*.DNA methylation profiling in a neuroblastoma cell line exposed to the antipsychotic perospirone.
    Pharmacopsychiatry, 52:63-69, 2019

  6. Nishioka M, Bundo M, Ueda J, Yoshikawa A, Nishimura F, Sasaki T, Kakiuchi C, Kasai K, Kato T*, Iwamoto K*. Identification of somatic mutations in monozygotic twins discordant for psychiatric disorders.
    npj Schizophrenia, 4:7, 2018

  7. Miura I*, Kunii Y, Hino M, Hoshino H, Matsumoto K, Kanno-Nozaki K, Horikoshi S, Kaneko H, Bundo M, Iwamoto K, Yabe H.
    DNA methylation of ANKK1 and response to aripiprazole in patients with acute schizophrenia: A preliminary study.
    Journal of Psychiatric Research, 100:84-87, 2018

  8. Sugawara H, Murata Y, Ikegame T, Sawamura R, Shimanaga S, Takeoka Y, Saito T, Ikeda M, Yoshikawa A, Nishimura F, Kawamura Y, Kakiuchi C, Sasaki T, Iwata N, Hashimoto M, Kasai K, Kato T, Bundo M*, Iwamoto K*.
    DNA methylation analyses of the candidate genes identified by a methylome-wide association study revealed common epigenetic alterations in schizophrenia and bipolar disorder.

    Psychiatry and Clinical Neurosciences, 72:245-254, 2018

  9. Shimada-Sugimoto M, Otowa T*, Miyagawa T, Umekage T, Kawamura Y, Bundo M, Iwamoto K, Ikegame T, Tochigi M, Kasai K, Kaiya H, Tanii H, Okazaki Y, Tokunaga K, Sasaki T.
    An epigenome-wide methylation study of healthy individuals with or without depressive symptoms.
    Journal of Human Genetics​, 63:319-326, 2018

  10. Nishioka M, Bundo M, Ueda J, Katsuoka F, Sato Y, Kuroki Y, Ishii T, Ukai W, Murayama S, Hashimoto E, Nagasaki M, Yasuda J, Kasai K, Kato T*, Iwamoto K​*.
    Identification of somatic mutations in postmortem human brains by whole genome sequencing and their implications for psychiatric disorders.
    Psychiatry and Clinical Neurosciences, 72:280-294, 2018

  11. Yoshikawa A, Nishimura F, Inai, A, Eriguchi, Y, Nishioka, M, Takaya A, Tochigi M, Kawamura Y, Umekage T, Kato K, Sasaki T, Ohashi Y, Iwamoto K, Kasai K, Kakiuchi C*.
    Mutations of the glycine cleavage system genes possibly affect the negative symptoms of schizophrenia through metabolomic profile changes.
    Psychiatry and Clinical Neurosciences, 72:168-179, 2018

  12. Murata Y, Bundo M, Ueda J, Kubota-Sakashita M, Kasai K, Kato T, Iwamoto K*.
    DNA methylation and hydroxymethylation analyses of the active LINE-1 subfamilies in mice.
    Scientific Reports, 7:13624, 2017

  13. Maekawa M, Watanabe A, Iwayama Y, Kimura T, Hamazaki K, Balan S, Ohba H, Hisano Y, Nozaki Y, Ohnishi T, Toyoshima M, Shimamoto C, Iwamoto K, Bundo M, Osumi N, Takahashi E, Takashima A, Yoshikawa T*.
    Polyunsaturated fatty acid deficiency during neurodevelopment in mice models the prodromal state of schizophrenia through epigenetic changes in nuclear receptor genes.
    Translational Psychiatry, 7:e1229, 2017

  14. Ueda J†, Murata Y†, Bundo M, Oh-Nishi A, Kassai H, Ikegame T, Zhao Z, Jinde S, Aiba A, Suhara T, Kasai K, Kato T, Iwamoto K*. († equal contribution)
    Use of human methylation arrays for epigenome research in the common marmoset (Callithrix jacchus).
    Neuroscience Research, 120:60-65, 2017

  15. Shimada-Sugimoto M, Otowa T*, Miyagawa T, Umekage T, Kawamura Y, Bundo M, Iwamoto K, Tochigi M, Kasai K, Kaiya H, Tanii H, Okazaki Y, Tokunaga K, Sasaki T.
    Epigenome-wide association study of DNA methylation in panic disorder.
    Clinical Epigenetics, 9:6, 2017

  16. Kasahara T, Ishiwata M, Kakiuchi C, Fuke S, Iwata N, Ozaki N, Kunugi H, Minabe Y, Nakamura K, Iwata Y, Fujii K, Kanba S, Ujike H, Kusumi I, Kataoka M, Matoba N, Takata A, Iwamoto K, Yoshikawa T, Kato T*.
    Enrichment of deleterious variants of mitochondrial DNA polymerase gene (POLG1) in bipolar disorder.
    Psychiatry and Clinical Neurosciences, 71:518-529, 2017

英文総説など

  1. Nishioka M, Bundo M, Iwamoto K*, Kato T*. 
    Somatic mutations in the human brain: implications for psychiatric research.
    Molecular Psychiatry, 24:839-856, 2019

  2. Iwamoto K*. 
    Understanding the epigenetic architecture of psychiatric disorders: modifications and beyond.

    Psychiatry and Clinical Neurosciences, 72:194, 2018

  3. Bundo M*, Kato T, Iwamoto K.
    Estimation of LINE-1 Copy Number in the Brain Tissue and Isolated Neuronal Nuclei.
    In: Frade J., Gage F. (eds) Genomic Mosaicism in Neurons and Other Cell Types. 
    Neuromethods, 2017 vol 131. Humana Press, New York, NY

邦文総説など

  1. 岩本和也、文東美紀、体細胞変異と精神疾患、精神科(科学評論社、2019, 35:375-378)

  2. 松原ひかり、村田唯、文東美紀、岩本和也、統合失調症と妊娠期ウイルス感染、精神科治療学(星和書店、2019, 34:1013-1015)

  3. 黒木遼太、文東美紀、岩本和也、【精神科領域用語解説】メチローム解析、分子精神医学(先端医学社、2019, 19:154-155)

  4. 菅原裕子、村田唯、池亀天平、嶋永翔太、竹岡優将、齋藤竹生、池田匡志、吉川茜、西村文親、河村代志也、垣内千尋、佐々木司、岩田仲生、橋本衛、笠井清登、加藤忠史、文東美紀、岩本和也、統合失調症と双極性障害における共通のDNAメチル化変化、精神神経学雑誌(2019、121:251-258)

  5. 文東美紀、岩本和也、ヒト死後脳のさまざまな細胞種におけるゲノム・エピゲノム研究、「バイオイノベーションに向けて」(シーエムシー出版 2019, p223-229)

  6. ​岩本和也、精神医学研究における非医師および女性研究者の参画状況について、精神神経学雑誌(2018、120:1027-1031)

  7. 澤村理英、文東美紀、岩本和也、統合失調症とエピジェネティクス、精神科「統合失調症の研究最前線」(科学評論社、2018 32 (3):189-193)

  8. 池亀天平、笠井清登、岩本和也、精神疾患におけるエピゲノム研究、CLINICAL NEUROSCIENCE 「ニューロジェネティクス新時代」(中外医学社、2018 36,2, 253-255)

  9. 菅原裕子、橋本衛、岩本和也、うつ病、CLINICAL NEUROSCIENCE 「ニューロジェネティクス新時代」(中外医学社、2018 36,2, 249-252)

  10. Watanabe R, Nishioka M, Bundo M, Sawai Y, Ueda J, Murata Y, Ishii T, Ukai W, Hashimoto E, Kasai K, Simizu S, Kato T, Iwamoto K. Epigenetic status of LINE-1 promoters in neurons and non-neurons. 日本神経精神薬理学雑誌​​(2017 37:83-84)

  11. 菅原裕子、文東美紀、池亀天平、近藤健治、池田匡志、岩田仲生、石郷岡純、笠井清登、加藤忠史、岩本和也 統合失調症と双極性障害における共通ならびに特有のエピジェネティック要因についての検討 日本神経精神薬理学雑誌 (2017 37:81)

  12. 菅原裕子、日高洋介、文東美紀、岩本和也 精神ストレスとエピゲノム応答 最新医学 (2017 72,5, p733-739)​

  13. 渡邊理紗、岩本和也 精神疾患とエピジェネティクス―大うつ病、双極性障害、統合失調症の一卵性双生児不一致例におけるDNAメチル化研究、別冊医学のあゆみ「クリニカルエピゲノミクス」 (医歯薬出版、2016、p99-102, 医学のあゆみ 255: 673-676の再掲)

  14. ​西岡将基、文東美紀、笠井清登、岩本和也 次世代シークエンサーを用いた脳ゲノム解析 分子精神医学(先端医学社、2016 16:180-185)

  15. 村田唯、文東美紀、笠井清登、岩本和也 統合失調症におけるエピゲノム異常~患者由来脳組織および末梢組織を用いた最新研究、実験医学増刊「エピゲノム研究~修飾の全体像の理解から先制・個別化医療へ」(羊土社、2016、p140-144)

研究発表 (予定を含む)

  • シンポジウム・招待講演

  1. 文東美紀、精神疾患患者検体を用いたエピジェネティクス解析、
    第112回日本繁殖生物学会大会シンポジウム「エピジェネティックコントロールの新展開―環境要因から人為制御まで―」(2019年9月4日~5日、北海道大学、北海道)

  2. Bundo M, Kato T, Iwamoto K. Detecting somatic variations in human brain cells at single cell level.
    第41回日本神経科学会大会シンポジウム「Interpretation of human brain mechanisms and drug discovery using leading-edge stem cell technologies」 (2019年7月25日~28日、朱鷺メッセ、新潟)

  3. Iwamoto K, Bundo M, Kato T. Genetic and epigenetic variations of neuronal cells and their implications for psychiatric disorders.
    第41回日本神経科学会大会シンポジウム「Roles of epigenetics and inflammation in mental illness」 (2019年7月25日~28日、朱鷺メッセ、新潟)

  4. Iwamoto K, Bundo M, Kato T. Neuronal cell-type specific DNA methylation changes in prefrontal cortex of patients with bipolar disorder. International symposium on EPIGENETICS 2019 (February 3-4, 2019, National Cancer Center Research Institute, Tokyo, Japan) 

  5. 文東美紀、加藤忠史、岩本和也、ヒト脳細胞における体細胞LINE-1挿入の検出、
    第41回日本分子生物学会ワークショップ「発生過程で動き出すノンジェニック領域」(2018年11月28日~30日、パシフィコ横浜、神奈川)

  6. 村田唯、文東美紀、岩本和也、精神疾患におけるレトロトランスポゾンとエピゲノム、
    ​第34回日本ストレス学会シンポジウム「ストレス疾患とエピゲノム」(2018年10月27日~28日、名城大学、愛知)

  7. 岩本和也、精神疾患におけるエピジェネティック修飾と体細胞変異について、
    第63回日本人類遺伝学会大会カレントトピック「エピジェネティックスから探る精神疾患の病理究明」(2018年10月11日~13日、パシフィコ横浜、神奈川)

  8. 文東美紀、加藤忠史、岩本和也、ヒト前頭様神経細胞における体細胞ゲノム変異の検出、
    第123回日本解剖学会シンポジウム「多角的視点から紐解く大脳皮質の発生と機能」(2018年3月28日~30日、日本医科大学、東京)

  9. Nishioka M, Bundo M, Kasai K, Iwamoto K. Comprehensive DNA methylation analysis of peripheral blood cells derived from patients with first-episode schizophrenia.
    第62回日本人類遺伝学会, ‌The Journal of Human Genetics Young Scientist Award Lectures (November 15-18, 2017, 神戸国際会議場、兵庫)

  10. 西岡将基、文東美紀、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、ヒト脳組織および一卵性双生児における体細胞変異の検出と精神障害​第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会シンポジウム「精神疾患とエピジェネティクス」(2017年9月28日~30日、札幌コンベンションセンター、北海道)

  11. Iwamoto K. Exploration of the pathophysiological role of epigenetic and genomic variations in brains of patients with major psychiatric disorders. The 72nd Fujihara Seminar International Symposium on Molecular Mechanism of Molding and Disruption of the Epigenomes Underlying Cellular Community (September 13-17, 2017, Tomakomai, Japan)

  12. 岩本和也、脳ゲノムの動的特性と精神疾患の発症メカニズムの探索、​
    第113回日本精神神経学会学術総会「生物学的精神医学のフロンティア」(2017年6月22日~24日、名古屋国際会議場、愛知)

  13. 岩本和也、PhD研究者の立場から、
    ​第113回日本精神神経学会学術総会「精神医学研究推進のための人材育成」(2017年6月22日~24日、名古屋国際会議場、愛知)

  14. Bundo M, Kato T, Iwamoto K. LINE-1 copy number analysis of schizophrenic patients.
    More Epigenetics in Clinical Medicine, The 2nd Tore Nilson/Karolinska Institutet conference in Nobel Forum on clinical epigenetics (April 26-28, 2017, Stockholm, Sweden)

  15. ​文東美紀、精神疾患患者死後脳における体細胞変異解析
    平成28年度熊本大学女性研究者賞表彰受賞講演(2017年3月29日、熊本大学くすのき会館、熊本)

  16. 岩本和也、エピゲノム解析による精神疾患の新規病因・病態解明、
    第35回日本認知症学会学術集会シンポジウム「エピゲノミクスと神経・精神疾患」 (2016年12月1-3日、東京国際フォーラム、東京)

  17. ​岩本和也、気分安定薬・抗精神病薬がエピゲノム状態に与える影響について、
    第26回日本臨床精神神経薬理学会シンポジウム「精神疾患薬物治療に関するEpigenetic Surrogate Markerの探索」(2016年11月17-18日、ホルトホール大分、大分)

  18. 岩本和也、精神疾患患者神経細胞におけるゲノム・エピゲノム変異の探索、
    第46回日本神経精神薬理学会第5回学術奨励賞受賞講演  (2016年7月2日、ソウル、韓国)​

  19. Iwamoto K. Increased L1 copy number in neuronal genome of schizophrenia and implications for its pathophysiology.
    第93回日本生理学会シンポジウム「精神・神経変性疾患の分子機構に関する最近の話題」(2016年3月22-23、札幌コンベンションセンター、北海道)

  20. Iwamoto K, Kato T. Epigenetic signature of psychiatric disorders and implications for their pathophysiology.
    International Symposium for RIKEN Epigenetics Program 2016 (Feb 15-16, 2016, Wako, Saitama Japan)

     

  • 国際学会

  1. Bundo M, Ueda J, Kiyota E, Kasai K, Kato T, Iwamoto K.
    Detection of novel insertion of LINE-1 at single cell level using postmortem brains of patients with schizophrenia.
    World Congress of Psychiatric Genetics (26-31 October 2019,  Anaheim Marriott, Los Angeles, USA)​

  2. Kuroki R, Murata Y, Fuke S, Kujoth G, Prolla T, Kato T, Bundo M, Iwamoto K.
    Establishment of qPCR protocol for quantifying the copy number of active LINE-1 subfamilies in mice and its application to the aging mice,
    World Congress of Psychiatric Genetics (26-31 October 2019,  Anaheim Marriott, Los Angeles, USA)​

  3. Matsubara H, Watanabe R, Bundo M, Ueda J, Kato T, Iwamoto K. 
    Analysis of DNA methylation status of LINE-1 promoter region in postmortem brains of patients with bipolar disorder.
    WFSBP 2018 Kobe (World Federation of Societies of Biological Psychiatry, Asia-Pacific regional congress of biological psychiatry) (7-9 September 2018, Kobe Chamber of Commerce and Industry, Kobe, Japan)

  4. Yui Murata​, Bundo M, Ueda J, Oh-Nishi A, Kubota-Sakashita M, Ikegame T, Suhara T, Kasai K, Kato T, Iwamoto K.
    Investigation of abnormal molecular pathways in LINE-1 regulation in the brain using embryonic poly(I:C) model mouse.
    WFSBP 2018 Kobe (World Federation of Societies of Biological Psychiatry, Asia-Pacific regional congress of biological psychiatry) (7-9 September 2018, Kobe Chamber of Commerce and Industry, Kobe, Japan)

  5. Bundo M, Ueda J, Nishioka M, Kiyota E, Kasai K, Kato T, Iwamoto K. Developing a method for detection of retrotransposon by next generation sequencing and its application to single brain cells.
    31st CINP World congress of neuropsychopharmacology (16-19 June 2018, Austria Centre Vienna, Vienna, Austria)

  6. Sugawara H, Murata Y, Ikegame T, Sawamura R, Sasaki T, Iwata N, Hashimoto M, Kasai K, Kato T, Bundo M, Iwamoto K. DNA methylation analyses of the candidate genes identified by a methylome-wide association study revealed common epigenetic alterations in schizophrenia and bipolar disorder.
    31st CINP World congress of neuropsychopharmacology (16-19 June 2018, Austria Centre Vienna, Vienna, Austria)

  7. Murata Y, Bundo M, Kato T, Iwamoto K. Increased hmC levels of active LINE-1 promoter in neural precursor cells of poly(I:C) mouse model. 
    Keystone symposium, Mobile Genetic Elements and Genome Plasticity (11-15 February 2018 Eldorado Hotel, Santa Fe, USA)

  8. Watanabe R, Bundo M, Simizu S, Iwamoto K. The effect of cytosine modification on LINE-1 transcription of neurons and non-neurons.
    2016 Japan-Myanmar Symposium (3–5 December 2016, Pathein University, Myanmar)

  9. Murata Y, Bundo M, Oh-nishi A, Kubota M, Ikegame T, Miyauchi T, Inoue R, Ishiwata M, Suhara T, Kasai K, Kato T, Iwamoto K. Measurement of genomic copy number and DNA methylation levels of LINE-1 in the brains of poly(I:C) mouse model.
    30th CINP World congress of neuropsychopharmacology (3-5 July 2016, COEX, Seoul, Republic of Korea)

  10. Ikegame T, Bundo M, Sugawara H, Koike S, Kondo K, Ikeda M, Saida H, Asai T, Yoshikawa A, Nishimura F, Kawamura Y, Kakiuchi C, Sasaki T, Ishigooka J, Iwata N, Kato T, Kasai K, Iwamoto K. Hypermethylation of SLC6A4 promoter in psychiatric disorders and its effect on gene expression.
    30th CINP World congress of neuropsychopharmacology (3-5 July 2016, COEX, Seoul, Republic of Korea)

  11. Sugawara H, Bundo M, Ikegame T, Saida H, Kondo K, Ikeda M, Iwata N, Ishigooka J, Kasai K, Kato T, Iwamoto K. Identifying common and distinctive epigenetic alterations between bipolar disorder and schizophrenia.
    30th CINP World congress of neuropsychopharmacology (3-5 July 2016, COEX, Seoul, Republic of Korea)

  12. Watanabe R, Nishioka M, Bundo M, Sawai Y, Ueda J, Murata Y, Ishii T, Ukai W,  Hashimoto E, Kasai K, Simizu S, Kato T, Iwamoto K. Epigenetic status of LINE-1 promoters in neurons and non-neurons.
    30th CINP World congress of neuropsychopharmacology (3-5 July 2016, COEX, Seoul, Republic of Korea)

  13. Miura I, Bundo M, Hino M, Horikoshi S, Hoshino H, Iwamoto K, Kaneko H, Kanno-Nozaki K, Kunii Y, Matsumoto J, Yabe H. Association of DNA Methylation of Taq1A in the DRD2 with Response to Aripiprazole in acute schizophrenia
    30th CINP World congress of neuropsychopharmacology (3-5 July 2016, COEX, Seoul, Republic of Korea)

  14. Watanabe R, Nishioka M, Bundo M, Sawai Y, Ueda J, Murata Y, Ishii T, Ukai W, Hashimoto E, Kasai K, Simizu S, Kato T, Iwamoto K. The status of cytosine modification on the LINE-1 promoter regions in neurons and non-neurons.
    International Symposium for RIKEN Epigenetics Program 2016 (Feb 15-16, 2016, Wako, Saitama Japan)

  15. Murata Y, Bundo M, Ikegame T, Miyauchi T, Saida H, Kato T, Kasai K, Iwamoto K. Global DNA methylation analysis of peripheral blood cells of schizophrenia and bipolar disorder patients.
    International Symposium for RIKEN Epigenetics Program 2016 (Feb 15-16, 2016, Wako, Saitama Japan)

  • 国内学会

  1. 仲地ゆたか、金沢徹文、塚本翔、片桐岳信、岩本和也、岡崎康司、康純、性同一性障害(性別違和)関連遺伝子の探索
    第41回日本生物学的精神医学会(2019年6月22~23日、朱鷺メッセ、新潟)

  2. 池亀天平 、日高洋介、菅原裕子、村田唯、渡邊理沙、清田恵美、近藤健治、池田匡志、吉川茜、西村文親、河村代志也、垣内千尋、佐々木司、石川智久、 橋本衛、竹林実、岩田仲生、笠井清登、文東美紀、岩本和也、多数例ゲノムサンプルを用いたSLC6A4 における新規5-HTTLPRの同定
    第41回日本生物学的精神医学会(2019年6月22~23日、朱鷺メッセ、新潟)

  3. 松原ひかり、村田唯、文東美紀、岩本和也、インフルエンザウイルス母体感染仔マウスの脳内遺伝子発現状態の解析
    第41回日本生物学的精神医学会(2019年6月22~23日、朱鷺メッセ、新潟)

  4. 黒木遼太 、村田唯 、福家聡 、加藤忠史 、文東美紀 、岩本和也、老化モデルマウスにおけるLINE-1のコピー数の検討
    第41回日本生物学的精神医学会(2019年6月22~23日、朱鷺メッセ、新潟)

  5. 藤井綾香、金田渉、藤川慎也、村田唯、池亀天平、笠井清登、文東美紀、岩本和也、コホート研究での DNAメチル化解析における唾液試料の有用性
    第41回日本生物学的精神医学会(2019年6月22~23日、朱鷺メッセ、新潟)

  6. 村田唯、上田順子、内布恵美、大西新、葛西秀俊、池亀天平、趙治磊、神出誠一郎、饗場篤、須原哲也、笠井清登、加藤忠史、文東美紀、岩本和也、poly(I:C)投与マーモセットモデルを用いたDNAメチル化異常の同定と検証
    第41回日本生物学的精神医学会(2019年6月22~23日、朱鷺メッセ、新潟)

  7. 渡邊理紗、文東美紀、上田順子、村田唯、石井貴男、鵜飼渉、橋本恵理、笠井清登、清水史郎、加藤忠史、岩本和也、ヒト死後脳の神経細胞におけるLINE-1プロモーターのエピジェネティック修飾状態の検討
    第41回日本生物学的精神医学会(2019年6月22~23日、朱鷺メッセ、新潟)

  8. ​仲地ゆたか、性別違和(性同一性障害)関連遺伝子の探索
    GID(性同一性障害)学会第21回研究大会(2019年3月23日~24日、岡山県医師会館、岡山)

  9. ​上田順子、加藤智朗、藤森典子、岩本和也、加藤忠史、精神疾患患者視床下部におけるシトシン修飾状態と遺伝子発現解析
    第41回日本分子生物学会年会(2018年11月28日~30日、パシフィコ横浜、神奈川)

  10. 日髙洋介、池亀天平、菅原裕子、清田恵美、笠井清登、石川智久、橋本衛、竹林実、文東美紀、岩本和也、 5-HTTLPRのハイスループットジェノタイピング法による新規多型の同定、
    第28回日本臨床精神神経薬理学会・第48回日本神経精神薬理学会年会(2018年11月14日~16日、東京ドームホテル、東京)

  11. 日髙洋介、池亀天平、菅原裕子、清田恵美、笠井清登、石川智久、橋本衛、竹林実、文東美紀、岩本和也、健常者多数例のジェノタイピングにおける5HTTLPR 新規多型の同定、
    第37回躁うつ病の薬理・生化学研究懇話会(2018年10月19日~20日、兵衛向用閣、兵庫)

  12. 黒木遼太、村田唯、文東美紀、岩本和也、マウスLINE-1コピー数定量のための新規プロトコール確立、
    第37回躁うつ病の薬理・生化学研究懇話会(2018年10月19日~20日、兵衛向用閣、兵庫)

  13. 緒方啓仁、藤井綾香、村田唯、上田順子、笠井清登、加藤忠史、文東美紀、岩本和也、リスペリドン投与マーモセット脳組織におけるDNAメチル化状態の解析、
    第37回躁うつ病の薬理・生化学研究懇話会(2018年10月19日~20日、兵衛向用閣、兵庫)

  14. 松原ひかり、村田唯、文東美紀、岩本和也、インフルエンザウイルス母体感染仔マウスの脳内遺伝子発現状態の予備的解析、
    第37回躁うつ病の薬理・生化学研究懇話会(2018年10月19日~20日、兵衛向用閣、兵庫)

  15. 藤井綾香、金田渉、藤川慎也、村田唯、池亀天平、笠井清登、文東美紀、岩本和也 、コホート研究でのDNAメチル化解析における唾液試料の有用性の検討、
    第37回躁うつ病の薬理・生化学研究懇話会(2018年10月19日~20日、兵衛向用閣、兵庫)

  16. 池亀天平、文東美紀、浅井竜朗、菅原裕子、近藤健治、池田匡志、吉川茜、西村文親、河村代志也、垣内千尋、佐々木司、岩田仲生、加藤忠史、笠井清登、岩本和也、SLC6A4 における新規セロトニントランスポーター遺伝子多型(5-HTTLPR)の同定とその機能解析、
    第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会(2018年9月6日~8日、神戸国際会議場、兵庫)

  17. 村田唯、上田順子、文東美紀、大西新、葛西秀俊、池亀天平、趙治磊、神出誠一郎、饗場篤、須原哲也、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、新生児Poly(I:C)投与マーモセットモデル前頭前野組織を用いたDNAメチル化プロフィール解析
    第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会(2018年9月6日~8日、神戸国際会議場、兵庫)

  18. 黒木遼太、村田唯、澤村理英、文東美紀、岩本和也、転移活性を有するマウスLINE-1のコピー数定量のための新規プロトコール確立、
    第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会(2018年9月6日~8日、神戸国際会議場、兵庫)

  19. 文東美紀、上田順子、西岡将基、清田恵美、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、ヒト死後脳を使用したシングルセルレベルにおけるLINE-1新規挿入部位の決定、
    第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会(2018年9月6日~8日、神戸国際会議場、兵庫)

  20. 上田順子、村田唯、文東美紀、大西新、葛西秀俊、池亀天平、趙治磊、神出誠一郎、饗場篤、須原哲也、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、InfiniumMethylationEPICkitを用いた精神疾患モデルマーモセットにおけるDNAメチル化状態の予備的解析、
    ​第40回日本分子生物学会年会(2017年12月6日~9日、神戸ポートアイランド、兵庫)

  21. 文東美紀、上田順子、西岡将基、清田恵美、石井貴男、鵜飼渉、橋本恵理、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、ヒト死後脳を用いたシングルセルレベルのLINE-1新規挿入同定の試み、
    第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会(2017年9月28日~30日、札幌コンベンションセンター、北海道)

  22. 村田唯、文東美紀、上田順子、大西新、窪田-坂下美恵、池亀天平、須原哲也、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、poly(I:C)投与モデルマウス神経幹細胞・前駆細胞におけるレトロトランスポゾン活性異常に関わる分子機構の探索、
    第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会(2017年9月28日~30日、札幌コンベンションセンター、北海道)

  23. 池亀天平、文東美紀、岡田直大、村田唯、小池進介、菅原裕子、近藤健治、池田匡志、大和田啓峰、福永雅喜、山下典生、越山太輔、夏堀龍暢、岩白訓周、浅井竜朗、吉川茜、西村文親、河村代志也、石郷岡純、垣内千尋、佐々木司、阿部修、橋本亮太、岩田仲生、山末英典、加藤忠史、笠井清登、岩本和也、双極性障害および統合失調症で認められる低活性5-HTTLPR依存的SLC6A4 CpG island shoreの高メチル化、
    第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会(2017年9月28日~30日、札幌コンベンションセンター、北海道)

  24. 松原ひかり、渡邊理紗、文東美紀、上田順子、加藤忠史、岩本和也、双極性障害患者死後脳におけるLINE-1プロモーター領域のDNAメチル化状態の解析、
    第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会(2017年9月28日~30日、札幌コンベンションセンター、北海道)

  25. 川崎瞳、長岡紗由、村田唯、菅原裕子、文東美紀、岩本和也、精神疾患及びアルツハイマー病患者死後脳でのepigenetic clockの予備的解析、
    第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会(2017年9月28日~30日、札幌コンベンションセンター、北海道)

  26. Bundo M, Ueda J, Nishioka M, Kiyota E, Kasai K, Kato T, Iwamoto K. Detection of retrotransposon by next generation sequencing and its application to single brain cells.
    第40回日本神経科学会大会(2017年7月20~23日、幕張メッセ、千葉)

  27. Murata Y, Bundo M, Ueda J, Oh-Nishi A, Kubota-Sakashita M, Suhara T, Kasai K, Kato T, Iwamoto K. Dynamic regulation for LINE-1 activity in poly(I:C) animal model during early development.
    第40回日本神経科学会大会(2017年7月20~23日、幕張メッセ、千葉)

  28. Maekawa M, Watanabe A, Iwayama Y, Kimura T, Hamazaki K, Shabeesh B, Ohba H, Hisano Y, Nozaki Y, Ohnishi T, Toyoshima M, Shimamoto C, Iwamoto K, Bundo M, Osumi N, Takahashi E, Takashima A, Yoshikawa T. Polyunsaturated fatty acid deficiency during neurodevelopmental stages can cause vulnerability to psychosis, thorough epigenetic changes in nuclear receptor genes.
    第40回日本神経科学会大会(2017年7月20~23日、幕張メッセ、千葉)

  29. 上田順子、村田唯、文東美紀、加藤忠史、岩本和也、RNA-Seqデータを用いたLINE1発現量同定の試み、
    ​NGS現場の会第5回研究会(2017年5月22~24日、仙台国際センター、宮城)

  30. 松原ひかり、渡邊理紗、文東美紀、上田順子、加藤忠史、岩本和也、精神疾患患者死後脳におけるLINE-1プロモーター領域のDNAメチル化状態の解析、
    第11回エピジェネティクス研究会(2017年5月22~23日、一橋講堂学術総合センター、東京)

  31. 岩本和也、渡邊理紗、西岡将基、文東美紀、上田順子、笠井清登、清水史郎、加藤忠史、ヒト神経細胞におけるLINE-1プロモーターのエピジェネティック修飾状態の検討、
    第11回エピジェネティクス研究会(2017年5月22~23日、一橋講堂学術総合センター、東京)

  32. Ueda J, Murata Y, Bundo M, Kasai K, Kato T, Iwamoto K. Application of HumanMethylation450 BeadChip and EPIC kit to the common marmoset.
    ​the 4th RIKEN Epigenetics symposium in Tsukuba
    (2017年2月16日~17日、筑波理研、茨城県)

  33. 上田順子、村田唯、文東美紀、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、HumanMethylation450 BeadChipおよびEPIC kitのコモンマーモセットへの応用、
    第39回日本分子生物学会 (2016年11月30日~12月2日​、パシフィコ横浜、神奈川)

  34. 文東美紀、石井貴男、鵜飼渉、橋本恵理、笠井清登、  加藤忠史、岩本和也、ヒト死後脳由来のニューロン・オリゴデンドロサイトを使用したシングルセルゲノム解析、
    第38回日本生物学的精神医学会 ・ 第59回日本神経化学会大会(2016年9月8~10日、福岡国際会議場、福岡)

  35. 村田唯、文東美紀、大西新、窪田-坂下美恵、池亀天平、石渡みずほ、須原哲也、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、神経発達期におけるpoly(I:C)母体曝露によるゲノム・エピゲノム状態への影響、
    第38回日本生物学的精神医学会 ・ 第59回日本神経化学会大会(2016年9月8~10日、福岡国際会議場、福岡)

  36. 菅原裕子、文東美紀、池亀天平、近藤健治、池田匡志、岩田仲生、石郷岡純、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、統合失調症と双極性障害におけるエピゲノム要因の共通性と特異性についての検討、
    第38回日本生物学的精神医学会 ・ 第59回日本神経化学会大会(2016年9月8~10日、福岡国際会議場、福岡)

  37. 池亀天平、文東美紀、菅原裕子、小池伸介、近藤健治、池田匡志、浅井竜朗、吉川茜、西村文親、河村代志也、垣内千尋、佐々木司、石郷岡純、岩田仲生、加藤忠史、笠井清登、岩本和也、双極性障害および統合失調症患者末梢血で認められるSLC6A4 プロモーターの高メチル化、
    第38回日本生物学的精神医学会 ・ 第59回日本神経化学会大会(2016年9月8~10日、福岡国際会議場、福岡)

  38. 菅原裕子、文東美紀、池亀天平、才田晴美、近藤健治、池田匡志、岩田仲生、石郷岡純、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、統合失調症と双極性障害におけるエピジェネティック要因の重なりについて、
    第13回日本うつ病学会(2016年8月5-6日、ウインク愛知、愛知)

  39. Bundo M, Ueda J, Miyauchi T, Ishii T, Ukai W, Hashimoto E, Kasai K, Kato T, Iwamoto K. Comprehensive DNA methylation analysis of neuron and oligodendrocyte from human postmortem brains. 
    第39回日本神経科学大会(2016年7月20~22日、パシフィコ横浜、神奈川)

  40. Nishioka M, Bundo M, Ueda J, Yoshikawa A, Nishimura F, Sawada T, Katsuoka F, Sato Y, Kuroki Y, Ishii T, Ukai W, Murayama S, Hashimoto E, Nagasaki M, Yasuda J, Sasaki T, Kakiuchi C, Kasai K, Kato T, Iwamoto K. Somatic mutations in human brains and monozygotic twins discordant for psychiatric disorders.
    第39回日本神経科学大会(2016年7月20~22日、パシフィコ横浜、神奈川)

  41. 村田唯、文東美紀、大西新、窪田美恵、池亀天平、宮内妙子、井上良夢、石渡みずほ、須原哲也、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、poly(I:C)モデルマウス脳組織におけるLINE-1コピー数およびメチル化率の解析、
    第46回日本神経精神薬理学会年会 (2016年7月2-3日、ソウル、韓国) 

  42. 渡邊理紗、西岡将基、文東美紀、澤井大和、上田順子、村田唯、石井貴男、鵜飼渉、橋本恵理、笠井清登、清水史郎、加藤忠史、岩本和也、ヒト死後脳の神経細胞と非神経細胞におけるLINE-1プロモーターのエピジェネティック修飾状態の検討、
    第46回日本神経精神薬理学会年会 (2016年7月2-3日、ソウル、韓国) 

  43. 菅原裕子、文東美紀、池亀天平、才田晴美、近藤健治、池田匡志、岩田仲生、石郷岡純、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、統合失調症と双極性障害における共通ならびに特有のエピジェネティック要因についての検討、
    第46回日本神経精神薬理学会年会 (2016年7月2-3日、ソウル、韓国) 

  44. 池亀天平、文東美紀、菅原裕子、小池伸介、近藤健治、池田匡志、才田晴美、浅井竜朗、吉川茜、西村文親、河村代志也、垣内千尋、佐々木司、石郷岡純、岩田仲生、加藤忠史、笠井清登、岩本和也、精神疾患患者で見出されたセロトニントランスポーター高メチル化CpG領域の機能解析、
    第46回日本神経精神薬理学会年会 (2016年7月2-3日、ソウル、韓国)

  45. 村田唯、文東美紀、大西新、窪田-坂下美恵、上田順子、池亀天平、須原哲也、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、精神疾患モデルpoly(I:C)マウスを用いたレトロトランスポゾンLINE-1のゲノム・エピゲノム解析、
    第10回日本エピジェネティクス研究会(2016年5月19-20日、千里ライフサイエンスセンター、大阪)

  46. 渡邊理紗、西岡将基、文東美紀、澤井大和、上田順子、村田唯、笠井清登、清水史郎、加藤忠史、岩本和也、LINE-1の進化とヒト死後脳の神経細胞におけるLINE-1プロモーターのエピジェネティック修飾状態の検討、
    第10回日本エピジェネティクス研究会(2016年5月19-20日、千里ライフサイエンスセンター、大阪)

  47. 池亀天平、文東美紀、菅原裕子、吉川茜、西村文親、垣内千尋、佐々木司、加藤忠史、笠井清登、岩本和也、SLC6A4 プロモーターの高メチル化は双極性障害および統合失調症患者末梢血で認められる、
    第10回日本エピジェネティクス研究会(2016年5月19-20日、千里ライフサイエンスセンター、大阪)

  48. 上田順子、村田唯、文東美紀、緒方優、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、HumanMethylation450 BeadChipのコモンマーモセットへの応用、
    第10回日本エピジェネティクス研究会(2016年5月19-20日、千里ライフサイエンスセンター、大阪)

  49. 西岡将基、文東美紀、西村文親、吉川茜、垣内千尋、佐々木司、澤田知世、上田順子、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、統合失調症圏の疾患について不一致な一卵性双生児5組における体細胞変異の探索、
    第11回日本統合失調症学会(2016年3月25-26日、群馬県民会館、群馬)

  50. 渡邊理紗、西岡将基、文東美紀、澤井大和、上田順子、村田唯、石井貴男、鵜飼渉、橋本恵理、笠井清登、清水史郎、加藤忠史、岩本和也、ヒト死後脳神経細胞LINE-1プロモーター領域における非CpG部位のDNAメチル化状態の検討、
    第11回日本統合失調症学会(2016年3月25-26日、群馬県民会館、群馬)

  51. 池亀天平、文東美紀、浅井竜朗、才田晴美、吉川茜、西村文親、河村代志也、菅原裕子、石郷岡純、近藤健治、池田匡志、岩田仲生、垣内千尋、佐々木司、加藤忠史、笠井清登、岩本和也、精神疾患患者で見出されたセロトニントランスポーター高メチル化CpG部位の機能解析、
    第11回日本統合失調症学会(2016年3月25-26日、群馬県民会館、群馬)

  • 講演会・セミナー

  1. 岩本和也、精神疾患のゲノム研究~進展と今後の課題、第99回熊本精神神経学会(2019年2月23日、ANAクラウンプラザホテル熊本ニューススカイ、熊本)

  2. 岩本和也、海外の脳バンクを利用して、第6回バイオバンク連絡会(2019年1月15日、読売新聞本社ビル、東京)

  3. 岩本和也、脳神経細胞核を利用したゲノム・エピゲノム解析、新学術領域マルチスケール脳―トランスオミクスによる精神疾患の分子基盤解明にむけて―、次世代脳冬のシンポジウム(2018年12月12日、一橋大学一橋講堂、東京)

  4. ​岩本和也、トランスポゾン操作による統合失調症関連神経回路の構成的理解、マルチスケール精神病態の構成的理解キックオフシンポジウム(2018年9月5日、TKP 神戸三宮カンファレンスセンター、兵庫)

  5. Iwamoto K. ​​Epigenetic modification and mosaicism in neuronal genome and their implications for psychiatric disorders. RIKEN CBS forum (13th April, 2018, RIKEN Center for Brain Science, Japan)

  6. 岩本和也、エピゲノム解析から統合失調症の病態解明に向けて、AMEDプロジェクト連携シンポジウム2017 (2017年12月15日、大手町サンスカイルーム、東京)

  7. 澤村理英、インフルエンザウイルス母体感染精神疾患モデルマウスの作製と神経発達・エピゲノム解析に向けて、新学術領域「個性」創発脳第2回若手研究者の会(2017年11月29日, 京都大学、京都)

  8. 岩本和也、エピジェネティクス解析による精神疾患の病因・病態研究、第36回信州精神神経学会(2017年10月21日、信州大学、長野)

  9. 岩本和也、脳神経細胞由来ゲノムDNA解析による精神疾患研究、第7回鶴友エビリファイフォーラム(2017年3月7日、鶴友会館、名古屋大学大学院医学系研究科、愛知)

  10. ​村田唯、文東美紀、大西新、窪田-坂下美恵、池亀天平、石渡みずほ、須原哲也、笠井清登、加藤忠史、岩本和也、神経発達障害モデルpoly(I:C)マウスにおけるLINE-1動態の解析、次世代脳プロジェクト、"新学術領域研究 「適応回路シフト」「記憶ダイナミズム」「マイクロ精神病態」三領域合同若手シンポジウム" (2016年12月21日、一橋講堂学術総合センター、東京)

  11. ​岩本和也、精神疾患患者由来試料におけるゲノム・エピゲノム変異の探索、大阪大学蛋白研セミナー 「生命システムを支配するエピジェネティクス」 (2016年12月21日、大阪大学、大阪)

  12. ​岩本和也、脳神経系ゲノムのエピジェネティクス・体細胞変異と精神疾患、日本皮膚科学会第219回熊本地方会(2016年12月4日、熊本大学、熊本)

  13. 岩本和也、ゲノム・エピゲノム解析による主要な精神疾患の病因病態解析、第31回熊本脳神経外科懇話会 (2016年11月26日、熊本テルサ、熊本)

  14. 岩本和也、分子脳科学分野の研究紹介、札幌医科大学神経精神医学教室セミナー(2016年10月19日、札幌医科大学、北海道)

  15. 文東美紀、ヒト死後脳を用いた体細胞変異解析、札幌医科大学神経精神医学教室セミナー(2016年10月19日、札幌医科大学、北海道)

  16. 池亀天平、双極性障害および統合失調症患者末梢血で認められるSLC6A4 プロモーターの高メチル化、札幌医科大学神経精神医学教室セミナー(2016年10月19日、札幌医科大学、北海道)

  17. 文東美紀、精神疾患患者試料を用いたLINE-1コピー数解析、2016年度遺伝研研究会「転移因子と宿主の相互作用による生命機能と進化」(2016年9月5日~6日、国立遺伝学研究所、静岡)

  18. ​岩本和也、脳神経系細胞における体細胞変異と精神疾患、2016年度大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立遺伝学研究所研究会『ゲノム医科学とバイオインフォマティクスの接点と集学研究』(2016年6月29日、国立遺伝学研究所、静岡)

  19. Iwamoto K. Somatic mutations and epigenetic alterations in the postmortem brains of patients with psychiatric disorders. RIKEN IMS seminar (2016年3月4日、理化学研究所統合生命医科学研究センター、神奈川)

  20. 池亀天平、精神疾患患者で見出されたセロトニントランスポーター高メチル化CpG部位の機能解析、第1回セロトニン研究会 (2016年2月20日、TKPガーデンシティ品川、東京)

  • 講演会・セミナー (学内)

  1. 藤井綾香、大規模コホート研究でのDNAメチル化解析における唾液試料の有用性の研究
    平成30年度プレ柴三郎研究発表会(2019年3月28日、熊本大学臨床医学教育研究センター)

  2. 岩本和也、神経・感覚・運動器研究部門の取り組み
    健康長寿代謝制御研究センター2018年度報告会(2019年3月7日、熊本大学臨床医学教育研究センター)

  3. 岩本和也、脳ゲノム情報解析による精神疾患研究
    第六回熊本和光ライフサイエンスフォーラム(2019年2月22日、熊本大学医学部山崎記念館)

  4. 岩本和也、動く遺伝子と癌・統合失調症~疾患ゲノム研究の最前線~
    ​熊大研究フェア(2018年12月14日、熊本大学工学部百周年記念館)

  5. ​文東美紀、精神疾患患者脳試料における体細胞変異の解析
    健康長寿代謝制御研究センター神経部門研究交流会(2018年9月28日、熊本大学医学部教育研究棟4F講義室)

  6. 岩本和也、精神疾患のゲノム・エピゲノム研究
    熊本大学精神科セミナー(2017年10月30日​、熊本大学神経精神科)

  7. 村田唯、文東美紀、岩本和也​、精神疾患モデルpoly(I:C)投与マウスにおけるLINE-1動態の解析
    第2回熊本大学学内研究交流会(生命科学系)(2017年10月5日、熊本大学本荘中地区遺伝子実験施設602講義室)

  8. ​岩本和也、脳神経系細胞のゲノム・エピゲノム解析による精神疾患病態研究
    熊本大学血液内科学分野セミナー(2017年6月20日、熊本大学血液内科学分野)

  9. 松原ひかり、精神疾患患者死後脳におけるLINE-1プロモーター領域のDNAメチル化状態の解析
    平成28年度プレ柴三郎研究発表会(2017年3月13日、熊本大学臨床医学教育研究センター)

  10. 岩本和也、脳神経系ゲノムのゲノム・エピゲノム解析による精神疾患研究
    生命科学研究部(基礎系)& IRCMS若手合同セミナー (2016年11月25日、熊本大学臨床医学教育研究センター)

  11. 文東美紀、村田唯、永瀬智美、渡邊理紗、菅原裕子、岩本和也、分子脳科学分野の研究紹介~精神疾患・脳ゲノム・バイオマーカー
    熊本大学学内研究交流会(生命科学系)(2016年10月7日、熊本大学理学部1号館)

  12. 文東美紀、岩本和也、ヒト死後脳の細胞核を使用したシングルセルゲノム解析の試み
    熊本大学学内研究交流会(生命科学系)(2016年10月7日、熊本大学理学部1号館)

  13. 岩本和也、脳ゲノム解析から明らかにする脳機能多様性の分子基盤と精神疾患
    熊本大学生命科学研究部教授就任講演会 (2016年6月9日、熊本大学臨床医学教育研究センター)

  14. 岩本和也、精神疾患とエピジェネティクス
    熊本大学精神科セミナー (2016年2月29日、熊本大学神経精神科)

受賞

  1. 村田唯、新学術領域「マルチケール病態脳」第2回領域会議ポスター賞(2019年9月1日、伊豆研修センター、静岡)

  2. 村田唯、第7回若手研究者育成プログラム奨励賞(2018年9月7日、第40回日本生物学的精神医学会、神戸国際会議場、兵庫)

  3. ​村田唯、平成29年度肥後医育振興会医学研究助成(学術奨励賞)(2017年11月9日、肥後医育振興会、熊本大学)

  4. Masaki Nishioka. The 2016 JHG Young Scientist Award, Journal of Human Genetics (2017) 62, 521

  5. ​文東美紀、平成28年度熊本大学女性研究者賞表彰(2017年3月29日、熊本大学)

  6. ​池亀天平、優秀発表賞(2016年9月8日、第38回日本生物学的精神医学会、福岡国際会議場、福岡)

  7. ​岩本和也、日本神経精神薬理学会第5回学術奨励賞  (2016年7月2日、第46回日本神経精神薬理学会、ソウル、韓国)​

  8. 村田唯、JSNP2016 Excellent Presentation Award (2016年7月2日、第46回日本神経精神薬理学会、ソウル、韓国)

  9. 菅原裕子、JSNP Excellent Presentation Award for CINP (2016年7月2日、第46回日本神経精神薬理学会、ソウル、韓国)

  10. ​池亀天平、JSNP Excellent Presentation Award for CINP (2016年7月2日、第46回日本神経精神薬理学会、ソウル、韓国)

  11. 渡邊理紗、JSNP Excellent Presentation Award for CINP (2016年7月2日、第46回日本神経精神薬理学会、ソウル、韓国)

  12. 池亀天平、日本統合失調症学会一般演題賞(2016年3月25日、第11回日本統合失調症学会、群馬県民会館、群馬)

その他

  1. 【受賞】藤井綾香、優秀賞(2019年3月28日、平成30年度プレ柴三郎研究発表会、熊本大学臨床医学教育研究センター)

  2. 藤井綾香、村田唯、文東美紀、岩本和也、コホート研究でのDNAメチル化解析における唾液試料の有用性の検討、
    西日本医学生学術フォーラム2018 (2018年12月15日、三重県医師会館、三重)

  3. 緒方啓仁、藤井綾香、村田唯、文東美紀、岩本和也、リスペリドン投与マーモセットの脳組織におけるDNAメチル化率変化、
    西日本医学生学術フォーラム2018 (2018年12月15日、三重県医師会館、三重)

  4. 【受賞】松原ひかり、S-R1グランプリ(最優秀賞)(2017年3月13日、平成28年度プレ柴三郎研究発表会、熊本大学臨床医学教育研究センター)