分子脳科学講座

熊本大学大学院生命科学研究部・
​健康長寿代謝制御研究センター

統合失調症・双極性障害・大うつ病など、精神疾患の病因や病態を明らかにしていきます。

基礎研究に立脚しつつ、早期診断や治療戦略の確立など、患者様や社会に還元できる研究

を目指します。

single cell.jpg

Information

大学院入試のお知らせ

 R5 修士課程第1期(推薦) 
出願 2022/6/8 ~ 6/14   試験日 7/2

 R5 修士課程第1期(一般・社会人・留学生)

出願 2022/7/7 ~ 7/13   試験日 8/2

 R5 博士課程第1期(一般・社会人・留学生)
出願 2022/7/7 ~ 7/13   試験日 8/2

 博士課程(R4 10月入学) 

出願 2022/7/7 ~ 7/13   試験日 8/2

kumamotodaigakuinlogo.PNG
unnamed.jpg

Youtube 

introduction_edited.jpg

*R5年度第1期大学院説明会が5/14に開催されます。個別ラボ相談会も企画されています。詳しくはこちら

*R5年度大学院入試に関する最新情報はこちらでご確認下さい。

​*研究室相談・オンライン見学を随時受け付けています。こちらまでお問い合わせください。

セミナーのお知らせ

2022年4月28日 17:30~ 熊本大学医学教育図書棟3F第2講義室

高田篤先生(理化学研究所脳神経科学研究センター分子精神病理研究チーム・チームリーダー)

「精神疾患のゲノム解析-その分子病理解明に向けて」

 

Research Highlights

molpsy2021.jpg

双極性障害患者神経細胞におけるDNAメチル化変化とその特性を解明

Bundo M, Ueda J, et al.,
Decreased DNA methylation at promoters and gene-specific neuronal hypermethylation in the prefrontal cortex of patients with bipolar disorder.
Molecular Psychiatry in press

20210427_translationalpsychiatry.jpg

セロトニントランスポーター過去最長の超長型(extremely long)5-HTTLPR多型を同定

Ikegame T, Hidaka Y et al., 
Identification and functional characterization of the extremely long allele of the serotonin transporter-linked polymorphic region. 
Translational Psychiatry, 11:119, 2021

スライド9.JPG

統合失調症や双極性障害の男性患者ではセロトニン関連遺伝子のDNAメチル化状態が変化

Ikegame T, Bundo M et al.,
Promoter activity-based case-control association study on SLC6A4 highlighting hypermethylation and altered amygdala volume in male patients with schizophrenia.
Schizophrenia Bulletin, 46:1577-1586, 2020